不動産の売却で「買取」と「仲介」の判断基準を教えます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

資金の急な入用、引越しや住替え、借金返済などの理由で、早めに不動産を売却して現金化したい人が利用する「買取」という売却方法を知っていましたか?

急いで売却したい時に不動産会社へ相談をしても、一から情報を登録したり、買い手が見つかるまで長ければ数ヶ月~1年以上掛かってしまうケースもあります。

 しかし、買取で業者へ依頼すると最短3日で売買契約が完了するので、1週間以内に現金を手にすることが可能となります。

ただ、良い事ばかりではないので、メリット、デメリットを合わせて紹介していきます。売却を検討している人であれば知らないと損をしてしまう恐れがあるので、お時間が許す限り読んでみてください。

1.不動産売却の買取とは?

買取とは不動産業者が買主となる売却方法です。ネットなどで売却について調べれば分かりますが、そこで説明されているのはほとんど「仲介」による方法なので、買取に関してはあまり認知されていません。

下記の図は仲介と買取の違いを表したものです。

買取とは

まず仲介に関してはご存じだと思いますが、不動産会社を仲介して売買が進められていきます。賃貸などでも同じ方法なので世間一般的な方法といえます。では買取はどうでしょう。

図の通り仲介役となる不動産会社を介さず、買主が不動産会社になっているのが見て分かります。したがって取引がスリムになっている事から、売買が完了するまでの時間もスリムになります。

「それじゃあ仲介じゃなくて買取の方がいいの?」と思うでしょうが、どちらにもメリット、デメリットがあり売却する方の状況によって決める必要があります。売却する方にはそれぞれの事情があると思うので、状況別に説明していきます。

2.買取をおすすめするケース

買取がどういった売却方法なのか理解できたと思いますが、「どちらの方法で売却した方が得するのか?」判断するのはなかなか難しいはずです。私のように常日頃から不動産の事を考えている人は少なく、このサイトで初めて知った人も多いことでしょう。

それでは初心者の方でも分かるように、買取をおすすめするケースを紹介していきます。

2-1. 早急に現金化したい

 私が相談されて「買取」を勧める理由で一番多いのが、すぐにでも現金が必要な場合です。基本的に仲介を勧める方が多いですが、以下のような理由の時は買取で売却するのを勧めるかもしれません。

  • 支払が滞っているものがある
  • 売買が完了したい期限がある
  • すぐに現金が必要

 2-2. 他人に売却を知られたくない

売却の理由が住替えなどで他人に知られても問題ないケースもありますが、不動産を手放す方の多くは「知られたくない事情」があるものです。近所の方や会社関係の方に知られると、生活苦と勘違いされることもあるでしょうし、プラスに働く事はありません。

仲介の場合は依頼した不動産会社のホームページ、全国の業者が閲覧できるページ(レインズ)、不動産情報誌、チラシなどに掲載されるようになります。しかし、買取の場合は買取業者との直接取引なので、一切売却の情報は公開されずに知られることはありません。

2-3. 仲介ではなかなか物件が売れない

近年、不動産バブルとも言われていますが、それでも買い手がつかない物件は腐るほどあります。6ヵ月程度ならまだ良い方で、1年以上売れずに結局、仲介から買取に変更する方は少なくありません。立地、状態、売買希望額などを確認して、売れる見込みがない場合ははじめから買取を勧めることもあります。

3.「仲介」と「買取」のメリット・デメリット

買取をおすすめするケースをお伝えしましたが、それだけの情報では不動産の売却方法を決めるのは難しいでしょう。最終的には専門家への相談をした方が良いですが、まずはあなた自身が売却方法の知識をつけることが先決だと思います。

それでは「仲介・買取」の「良いところ、悪いところ」を紹介していきます。

3-1. 「仲介」のメリット・デメリット

▼メリット

  • 買取より高い金額で販売する事ができる
  • 不動産の販売価格を売り主側で決める事ができる

▼デメリット

  • 希望した条件では売れ残る可能性がある
  • 購入希望者がいても交渉が長期化する恐れがある

3-2. 「買取」のメリット・デメリット

▼メリット

  • 売れ残る可能性がなく確実に売れる
  • 他人に知られずに販売する事ができる

▼デメリット

  • 仲介に比べて買取金額が低くなる可能性がある

3-3. その他、買取のメリット

  1. 不動産買取業者と直接取引をするため、仲介手数料(買取価格の3%+6万円)が発生しない。
  2. 仲介では瑕疵担保責任(アフターフォロー)が必要ですが、買取では必要なし
  3. 仲介であれば売れるまで内見が必要だが、買取ではその必要がない
  4. 仲介ではリフォームをして販売をする事が多いですが、買取では現状のまま買取をしてもらえる

仲介と買取のメリット・デメリットを紹介しましたが「買取の方がメリット多い!」と感じたかもしれませんが、今回は買取中心に記事を書いているので、決して勘違いしないようにしてください。

4.仲介より買取の価格が安くなる理由

「なぜ仲介と比べて買取の方が価格が安くなるの?」とこれまでも質問された事があります。買取の仕組みを分かっていないと理解する事ができないので、価格が安くなってしまう理由を紹介していおきます。

4-1. 買取った物件を転売するビジネスモデル

あなたから買取した物件は、リフォームなどして売り出せる状態にして転売することになります。仮に1,000万円で買い取って1,500円で転売したとすれば、いくら利益がでると思いますか?

500万円!と答えてくれれば嬉しいですがそんなに利益はとれません。購入諸経費、修繕費用、その他経費が掛かるので、その分を差し引いたものが業者の利益となります。稀にですが、買取して転売できたとしても業者側が赤字になる事もあり、そのようなリスク分も買取価格が下がる要因となっているのです。

不動産売却「買取」:まとめ

不動産の売却に「仲介」と「買取」があり、それぞれの意味は理解できましたか?知らない人が聞くと同じような意味に聞こえるかもしれませんが、全く違った意味を持っています。

この記事を読まれている方の中には、投資マンションを購入して失敗した人がたくさんいると思いますが、「失敗した~」ではなく「売却して新たな物件探さないと!」と意識改革しなくてはいけません。と言っている私も相当失敗してきましたから・・。

アベノミクスの影響もあり不動産バブルとも言われいるので、今の波に乗り遅れないよう常に新しい情報は仕入れるようにしてください。

正しい不動産投資を続けていれば、お金の不安がない将来を築けているはずです。

今後も不動産投資全般の記事を更新していきますので、お時間あるときにまた訪問してください。投資に関しての相談などありましたら、お気軽に問い合わせよりご連絡ください。

不動産投資で失敗させないための相談窓口

これまでに様々なサイトで情報を得てきたことでしょう。しかし、本当に知りたい情報というのは見つからず、これからどうすれば良いか迷っている人も多いはずです。

  • ・どの不動産投資会社信用していいのか分からない
  • ・所有している物件を売却すべきか判断できない
  • ・利回りの良い物件があるが購入前に最終判断をしてほしい

上記はよくある相談ですが、不動産業者に連絡したところであまり信用できないものです。ご相談いただく事で悩みが少しでも晴れるなら、投資アドバイザーとしてお力添えさせてもらいます。

相談フォームへ

SNSでもご購読できます。